探偵

サイトマップ

京都の探偵と警察の違いとは

ドラマや映画などで度々登場する探偵。フィクションの存在のように思っている方もいるかもしれませんが、現実にも探偵というのは存在しています。個人、法人を合わせると全国で5000近い探偵業者があり、京都をはじめとする都市部だけでなく地方まで実はいたるところに存在していると言えます。
では、実際の探偵はどんな仕事をしているのでしょうか?ドラマの中では凶悪な殺人事件や誘拐事件を警察に代わって、あるいは警察と共に解決する姿が描かれますが、実際にはそのようなことはありません。探偵の主な仕事は、人物の調査です。その中でも浮気調査が最も多く、対象の行動を調べ上げて依頼主に報告するのが仕事です。
企業からの依頼も多く、会社の情報を調べたり社員について調べたりということもあります。探偵の仕事について紹介しましたが、探偵と警察の違いとはどこにあるのでしょうか?まず、警察は探偵と違って民間人や民間企業からの依頼では動きません。
あくまで犯罪の可能性や犯罪が起きた後に動くのが警察です。また、探偵は警察のように拳銃を携帯したり犯人を逮捕したりという権限を持たず、あくまで民間としての仕事しかできないのが探偵です。京都にお住まいの方で警察に頼むことができないような個人的なトラブルに対処する際には、京都の探偵を利用するのが良いでしょう。

京都の探偵業に必要なこと

探偵という仕事について、まず初めに私が思ったことは、誰にでもできることなのか、資格とかは必要あるのかということです。調べてみると探偵になるという点においては資格は必要ではありませんでした。ただ探偵をするにあたり必要な技能はあるみたいです。
よく聞く浮気調査や尾行調査だと調査するための張り込み技術や、さらに調査していく上で撮影や盗聴機をみつけたりなどの撮影機器や、盗聴器の知識などいろんな角度からの技術や知識が必要なんだということが分かりました。また一時期テレビでもやっていましたが、その技術や知識を身に着けるための探偵の学校が本当にあるらしく、そこで自分にとって探偵として資質があるかどうか見つめなおすこともできるので必要な場所になるとのことでした。
最後に探偵をするうえで上記で資格は必要ないと書きましたが、京都などで探偵業を営むためには「探偵業届出照明書」が必要になります。「探偵業届出証明書」がないと探偵業を行うことが許されないので、必ず営業を行う前日までに京都で開業するならば、京都の警察署を経由し公安委員会へ必要書類に必要事項を記入、提出し、「探偵業届出証明書」を発行していただかなければいけません。公安委員会へ届出をすることにより依頼者様から依頼を受け調査をするということができるということが分かりました。

現実の京都の探偵は主にどんな仕事をしているのか

みなさん探偵と聞いたらどんなものを想像しますか?探偵業というとドラマや映画などに出てくるようなイメージしかない方がほとんどではないでしょうか。
探偵業の主な仕事内容は?フィクションの世界では派手な仕事をしているイメージの探偵ですが、現実の探偵業は主に依頼された人の身辺調査などの地味な業務が多いそうです。浮気の調査などもたくさん請け負っているので、もしかしたら意外と身近にも探偵を利用している方がいるかもしれませんね。他にも企業などから雇用相手の経歴などを調べてほしいといった依頼などもあるようです。もしかしたら知らないうちに自分のことも調べられている…なんてこともあるかもしれませんね。
探偵になるには?何か特別な資格や学歴は特に必要のないことがほとんどのようですので、京都などの探偵事務所に就職するか、自身で京都で開業するかになるかと思います。自身で開業する場合は届出を出さなければならないので、勝手に探偵業を営むことはできませんし、営業を続けていくには其れ相応の努力といろいろな知識や能力が必要になりますので、なかなか大変な仕事かと思われます。
料金はどのくらい?会社によって様々ですが、京都では素行や浮気調査といった一般的な依頼ならば、一時間当たり二万円前後程度が相場のようです。どうしても調べたい人や事柄があったら探偵に相談してみるのもいいのかもしれませんね。


探偵は京都の探偵さんドットコムを活用しましょう!京都は人気になっており、実績もあり任せることができるのです。探偵事務所は京都に行きましょう!近くまで無料で伺ってくれるので、本当に助かるのです。ぜひ浮気の調査や離婚の相談など承っておりますので、活用してみてくださいね!

TOP